JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ユリシーズ

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査
名称:ユリシーズ(Ulysses)
小分類:太陽・深宇宙探査
開発機関・会社:ヨーロッパ宇宙機関(ESA)
運用機関・会社:ヨーロッパ宇宙機関(ESA)
打ち上げ年月日:1990年10月6日
打ち上げロケット:スペースシャトルディスカバリー
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地

ユリシーズ計画は、アメリカとヨーロッパ宇宙機関(ESA)との共同計画です。これまでの惑星探査太陽探査機は、すべて太陽系の黄道面(惑星の公転する面)に沿って太陽を周回していましたが、ユリシーズ計画では初めて、黄道面から大きく外れた領域に探査機を送り込むのが目的でした。探査機をヨーロッパ側で製作し、アメリカがスペースシャトルで打ち上げました。初めは1986年に打ち上げられる予定でしたが、スペースシャトルチャレンジャーの爆発事故で予定より遅れ、1990年の打ち上げになりました。そのため太陽活動周期の、一番激しい頃に観測をおこなうはずだったのが、逆に一番穏やかな太陽を観測することになりました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
直径1.65mの高利得アンテナを備えた箱型です。打ち上げ時の重量は371kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
両極上空から見た太陽活動の観測です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
初めて緯度32度以上の高度から太陽活動を観測。5.4AUの遠日点に向けて飛行したあと、太陽に向かう途中で木星周辺の空間を観測します。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
1992年2月8日木星から約38万kmを通過、重力アシストで黄道面にほぼ直角に方向転換して、太陽の南極上空を目指しました。1994年6月から11月に太陽の南極上空を通過し、太陽から1.34AUの近日点を通過した後、1995年6月から9月に北極上空を通過しました。2000年11月27日、再び太陽の極の上空を通過しました。