JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

うめ2号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:電離層観測衛星「うめ2号」/ISS-b(Ionosphere Sounding Satellite-b)
小分類:地球観測衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:郵政省通信総合研究所
打ち上げ年月日:1978年2月16日
運用停止年月日:1983年2月23日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:N-I
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際標識番号:1978018A

うめ2号は、うめの予備機で、打ち上げ1ヵ月後に不具合を起こしたうめの後継機として、改善を加えられて打ち上げられました。短波通信の効率的な運用のために電離層の観測を行なうことが目的で、1978年4月下旬から郵政省通信総合研究所によって運用され、約1年半のミッションを遂行しました。ミッション終了後も観測データの収集を続け、海外通信などに必要な電波予報の改善に重要な役割を果たしました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
直径約94cm、高さ約82cmの円筒形で、重量は約141kgです。
観測装置は、電離層観測装置(トップサイド・サウンダ)、電波雑音観測装置、プラズマ測定器、イオン質量測定器を搭載しています。

2.どんな目的に使用されるの?
電離層臨界周波数や、電波雑音源の世界的分布の観測、電離層上部の空間におけるプラズマ特性と、正イオン密度の測定を目的に開発されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
軌道投入後、約2ヵ月間の初期運用を行なった後、1978年4月下旬から郵政省通信総合研究所による、運用が開始されました。約1年半のミッション期間が終了した後も観測データの収集を続け、海外通信などに必要な電波予報の改善に重要な役割を果たすとともに、超高層物理学の分野にも大きく貢献しました。1983年2月23日に発生電力の低下により運用を終了しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
うめがあります。

5.どのように地球を回るの?
高度981kmから1,228km、傾斜角69.4度、周期約107分の円軌道です。スピン安定方式で姿勢を制御します。

※参考文献:大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」東京書籍