JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ユニティ

シェア

関連情報

国際宇宙ステーション建設の第2弾アメリカのモジュール「ユニティ」(第一結合部)打ち上げ

ロシアのザリャー打ち上げから14日後の1998年12月4日、国際宇宙ステーション第2の構成要素であるノード1と2個の与圧結合アダプターを搭載したスペースシャトルエンデバー(STS-88)が、アメリカ・フロリダ州にあるケネディ宇宙センターから打ち上げられました。

エンデバーは高度390kmでザリャーに接近し、ロボットアームを使って、エンデバーのペイロードベイに固定されたままのノード1と与圧結合アダプターに、ザリャーをドッキングさせることに成功しました。ノード1は、ロシア側のモジュールとアメリカ側のモジュールをつなぐ役目をもっていることから、「ユニティ」という愛称がつけられました。

ザリャーとユニティのランデブー(想像図)
ザリャーとユニティのランデブー(想像図)
ユニティを搭載したスペースシャトル・エンデバー(STS-88)の夜間打ち上げ
ユニティを搭載したスペースシャトル・エンデバー(STS-88)の夜間打ち上げ

アメリカのユニティ、ザリャーから電源の供給を受けて機能開始

スペースシャトル内にあるコンピューターやカメラの画像だけを頼りに、スペースシャトルのロボットアームを操作しておこなうユニティとザリャーのむずかしいドッキングに成功したあと、宇宙飛行士船外活動によってお互いの電源ケーブルが結合されました。これによって発電機能をもったザリャーに電力が送られるようになり、ロシア・アメリカ両国最初のモジュールがいっしょに機能しはじめました。

船外に出てザリャー・ユニティ間の電源ケーブル結合作業をおこなう宇宙飛行士。手前に見えているのは、スペースシャトルからのびるロボットアーム。
船外に出てザリャー・ユニティ間の電源ケーブル結合作業をおこなう宇宙飛行士。手前に見えているのは、スペースシャトルからのびるロボットアーム。
スペースシャトル・エンデバーから撮影されたザリャーとユニティ。合わせて重さ35t、長さ約23m。
スペースシャトル・エンデバーから撮影されたザリャーとユニティ。合わせて重さ35t、長さ約23m。