JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

古代の人々が見た宇宙

シェア

関連情報

一定の法則に従って規則正しく運行しているように見える星々の世界。その正体はいったいなんであるのか。古代の人々にとって、宇宙とはどのように解釈されていたのでしょうか。

カルデア人が考えた「大地をおおう傘」

星座を生み出したカルデア人は、人間の住む大地は平面で、空は傘のように大地をおおっていると考えていました。古代文明にあっては、このように、平面な大地に傘やおわん型の天空がかぶさっているという考え方が多かったようです。中国では、このほかに「空はニワトリのたまごの形をしており、大地はたまごの黄身の中心にある」というとらえ方もありました。いずれにしても、天空は有限であり、太陽の運動によって夜と昼が分けられていると考えられていました。

宇宙を合理的に説明した、古代ギリシャの科学者たち

天地創世の神話をもつ民族は多く、さまざまな「宇宙の始まり」がそれぞれの神話で語られています。神話の舞台であった宇宙に対して合理的な解釈を本格的に試みたのは、古代ギリシャの科学者たちでした。紀元前5世紀から4世紀ごろになると、プラトンやアリストテレスといった古代ギリシャの哲学者たちが、宇宙を合理的に説明しようとして、その原理や構造の解明に努力します。やがて、紀元前2世紀になると、天文学者ヒッパルコスがあらわれ、当時としては驚異的な精度で月や惑星、恒星の位置を観測し、月までの距離を測定したり恒星のカタログを作ったりするなどの業績を残しました。

中世の人々を支配した「プトレマイオスの宇宙」

アリストテレスやヒッパルコスの考えた宇宙を体系的にまとめあげたのが、やはりギリシャの天文学者であるクラウディオス・プトレマイオスです。プトレマイオスは当時の天文学の集大成となる『アルマゲスト』と呼ばれる著書をあらわしました。プトレマイオスの組み立てた宇宙像は、地球を中心として5つの惑星(水星金星火星木星土星)及び太陽、月の7つの天体が、地球のまわりを回っているという考え方でした。このプトレマイオスの描いた宇宙の姿は、「宇宙の中心は地球である」という聖書の記述とあいまって多くの人々に受け入れられ、その後15世紀にニコラウス・コペルニクスが地動説をとなえるまで、惑星の複雑な動きをかなり説明できるもっとも優れた宇宙のモデルであり続けました。