JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

内之浦宇宙空間観測所

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関

名称:内之浦宇宙空間観測所/Uchinoura Space Center(USC
小分類:打ち上げ射場
国名:日本
所在地:鹿児島県
設立年月日:1962年2月

内之浦宇宙空間観測所は、より大型の観測ロケットを打ち上げるために、太平洋に面した鹿児島県内之浦に建設されました。それまでは、秋田県道川の秋田ロケット実験場で観測ロケットの打ち上げが行われていました。ここは、日本最初の観測ロケットの打ち上げが行われたところです。1950年代半ばから1960年代の初めにかけて、ペンシルロケット、ベビーロケット、カッパロケットなど数多くのロケットが打ち上げられ、日本の草創期のロケット開発の舞台となりました。しかし、より大型のロケットを打ち上げるには日本海は狭く、新たな発射場の開発が求められました。いくつかの候補地から選ばれたのが、太平洋に面した鹿児島県の内之浦です。一見、打ち上げ場には向かないような丘陵地帯でしたが、丘陵をけずり、逆にその地形を生かした独特の配置の打ち上げ場がつくられました。
日本の固体ロケットは、ベビーロケット以後は、アルファ、ベータ、カッパ、オメガ、ラムダ、ミューというギリシャ文字を用いて命名されています。途中で計画が中止され、使われなかった文字もありますが、ミューに近くなるほど、大型化し、高性能化が図られています。
内之浦宇宙空間観測所では当初、カッパからラムダロケット、さらにラムダ4型ロケットで小型衛星を打ち上げる体制を整えました。同時にさらに大型のミューロケットの発射もできるよう準備し、4回の失敗を経て、1970年ラムダ4S-5ロケットでついに技術試験衛星を打ち上げ、軌道にのせることに成功しました。これが日本最初の人工衛星おおすみ」です。この衛星の名前は、打ち上げ場のある鹿児島県の大隅半島からとられています。以来、ミューロケットの改良を重ねながら、1年に1個の割合で科学衛星が打ち上げられるようになりました。1997年2月には新世代のM-Vロケットによって、電波天文観測衛星「はるか」の打ち上げに成功しています。1998年7月にはM-V 3号機によって日本初の火星探査機「のぞみ」が打ち上げられました。

1. どんな機関、会社が運営しているの?
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の科学観測ロケット科学衛星の打ち上げ射場となっています。また、直径20mと34mのアンテナで、地球周回軌道に打ち上げられる科学衛星を追跡運用します。

2. 地図上ではどの辺にあるの?
九州・大隅半島の太平洋に面した鹿児島県肝属郡肝付町にあります。

3. これまでに打ち上げたロケット人工衛星は?
ロケットは、L-4SM-4SM-3CM-3HM-3SM-3SIIM-Vなどがあります。
衛星や探査機は、おおすみたんせいきょっこうはくちょうひのとりすいせいぎんがひてんようこう、はるか、のぞみはやぶさすざくあかりひのでなどが打ち上げられています。

※参考文献/ケネス・ガトランド・著/佐貫亦男・日本語版監修「世界の宇宙開発」旺文社・発行、大澤弘之・監修「日本ロケット物語」三田出版会・発行