JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

USERS

シェア

関連情報

分類:人工衛星

(c)JAXA・USEF
(c)JAXA・USEF

名称:次世代型無人宇宙実験システム「USERS」/
Unmanned Space Experiment Recovery System

小分類:科学衛星/技術開発衛星
運用機関・会社:財団法人 無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF)
打ち上げ年月日:2002年9月10日
打ち上げ国名・機関:日本
打ち上げロケット:H-IIAロケット3号機
打ち上げ場所:種子島宇宙センター
国際標識番号:02042A

「USERS」は、衛星軌道のような重力のほとんどない環境で、地上ではできない大型の超伝導材料を作る実験などを行う宇宙実験システムです。実験は約8カ月間行われ、作られた材料はリエントリモジュールで地球に送り返され、小笠原沖で回収されます。「USERS」の実験は経済産業省などの委託で行われ、今後のハイテク産業に活用される宇宙での素材製造のために役立てられます。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
本体は四角い箱形のサービスモジュール(SEM)の上に、キノコの傘のようなリエントリモジュール(REM)を載せた形です。高さ約3.6mで、両脇の太陽電池パネルを展開すると幅約17.5mになります。

2.どんな目的に使用されるの?
微小重力下で実験装置(SGHF)を使って大型の超伝導材料の製造実験を行い、結果をリエントリビークル(REV)で地球に戻し回収します。軌道に残るSEMは、低中高度を周回する衛星技術に関する情報を集めるために使われます。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
打ち上げから5日間で運用軌道に乗り、機器のチェック後、2002年10月初めから実験をはじめました。2003年5月頃には実験炉を搭載したリエントリモジュールを大気圏に再突入させ、小笠原東方海上で回収する予定です。

4.どのように地球を回るの?
近地点509km、遠地点519km、軌道傾斜角30.9度の地球周回軌道を94.9分で回ります。