JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

へびつかい座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:へびつかい座(蛇使い座)
学名:Ophiuchus
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M9(NGC6333)=球状星団/M10(NGC6254)=球状星団/M12(NGC6218)=球状星団/ラス・アルハグェ(アルファ星)/ケバルライ(ベータ星)/イェド・プリオル(デルタ星)/バーナード星
神話の主な登場人物:サンガリウス/アスクレピウス/ゲーテ
日本で観測できる時期:-
見ごろの季節:夏(8月上旬の午後8時に南中)

大きな5角形の星座で、黄道の近くに位置し、蛇を退治する巨人の姿になぞらえられます。星座の一部は、へび座として分かれています。日本では昔、穀物を選り分ける「箕(み)」と見られました。頭部付近にあるバーナード星は、5.9光年と地球に2番目に近い星座で、固有運動の非常に大きい星として知られます。

1.見つけ方のポイント
ヘラクレス座の南、さそり座の北に位置し、2~4等星で構成される巨大な5角形が目印です。

2.神話の内容について
神話には諸説あり、蛇を退治した巨人サンガリウスであるという説や、蛇の毒の治療に優れた神医アスクレピウスとも、トリプトレムスの竜退治をした王ゲーテであるともいわれます。

3.同じ時期に見える星座について
へび座/わし座/ヘラクレス座/さそり座/てんびん座

4.主要都市での観測について
日本では見ることができません。