JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

イトカワ

シェア

関連情報

分類:太陽系

名称:イトカワ/小惑星番号25143(仮符号1998 SF36)
小分類:小惑星
属する銀河銀河系
衛星:なし
到達・観測した探査機:はやぶさ
大きさ:最長部約535m、最短部約209m
軌道:近日点0.953天文単位、遠日点1.6947天文単位、長半径1.3238天文単位
自転周期:12.1324時間-
質量:(3.510±0.105)×10の10乗kg
平均密度:1.90±0.13g/cm3

小惑星イトカワは、1998年9月にアメリカのリンカーン研究所が発見した小惑星です。2003年、日本のロケットの生みの親である故・糸川英夫博士にちなみ、 イトカワ(ITOKAWA)と命名されました。最長部約535m、最短部約209mの、主に岩石質からできている原始的小惑星です。 2005年秋には小惑星探査機「はやぶさ」が到達し、科学観測を行いました。「はやぶさ」は同年11月に2回の着陸を果たし、表面物質の採取に成功しています。

1.内部の構造はどのようになっているの?
イトカワは、1998年9月にアメリカのリンカーン研究所が発見しました。遠い未来に地球に衝突するかもしれないとも考えられています。「はやぶさ」が観測した結果、イトカワの推定密度は、地球上の普通の岩石よりやや小さいことが分かりました。今まで考えられてきたよりも大きな内部のすき間(空隙)が存在する可能性を示しています。

2.どんな特徴があるの?
ラッコのような不規則な形をしています。イトカワは、惑星が誕生するころの記録を比較的よくとどめている化石のような天体と考えられています。これまでアメリカの探査機がいくつかの小惑星探査を行っていますが、それら小惑星は大きさが約20~60kmで、これらの星に比べると、イトカワはけた違いに小さい惑星といえます。

3.どんな環境の星なの?
イトカワは2つの大きな塊がくっついたような形をしています。その表面は、レゴリスが堆積する滑らかな地域と、岩の塊が非常に多い凸凹した地域に分けられます。レゴリスに覆われていない裸の小惑星の姿が観測されたのは史上初めてです。広い範囲にたくさんの岩塊があり、最大級では長さは約50mにもなります。おそらくイトカワよりも大きな元の天体があって、その天体が破壊された時に出た破片がイトカワになり、同時に出たより細かい破片がその上にふり積もったものと考えられます。

4.これまでにどんな惑星探査機が探査しているの?
2005年秋に「はやぶさ」が到達し、9月半ばから11月下旬まで科学観測を行いました。着陸時に表面物質の採集を行い、2010年6月にその物質を地球に持ち帰り、世界初の小惑星サンプルリターンに成功しました。2013年現在、微粒子サンプルの分析が進められています。