JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

バンガード1号

シェア

関連情報

分類:人工衛星
名称:バンガード1号(VANGUARD 1)
小分類:地球観測衛星
開発機関・会社:アメリカ海軍(USN)
運用機関・会社:アメリカ海軍(USN)
打ち上げ年月日:1958年3月17日
運用停止年月日:1958年4月6日
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:バンガード
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:1958002B

バンガード1号は、アメリカが2番目に打ち上げた科学衛星です。ソビエト連邦が人類初の人工衛星スプートニク1号」を打ち上げた翌年、エクスプローラ1号に続いて打ち上げられ、米ソの激しい宇宙開発競争の幕開けを告げました。
「バンガード」はもともと衛星打ち上げロケットの名称で、ロケットの4段目を衛星として設計したものです。バンガードには、世界ではじめて太陽電池を電源として使うなど多くの技術的成果が盛り込まれていました。また、電波による測地観測で、地球が洋なしのようなやや偏った球体であることを証明するなどの成果を挙げています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
直径15.2cmのアルミニウムでできた球で総重量は1.47kg。世界ではじめて太陽電池を電源として使用していました。データ送信用のアンテナを5本もち、水銀電池による10mWの送信機と太陽電池による5mWの送信機を装備していました。

2.どんな目的に使用されるの?
バンガードは、3段ロケットを使った衛星発射能力のテストを行なうのが大きな目的でした。また、衛星の軌道解析によって、地形の測定を行なう目的もありました。
さらにバンガードは、磁力計と宇宙塵測定器を搭載し、宇宙空間の磁力線と宇宙塵の観測を行ないました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
バンガードは軌道を周回しながら、108MHzの電波を地上に送信し、地球表面の測地データを集めました。この結果、地球が完全な円形ではなく、南北両極を軸にした洋なしのような形をしていることが分かりました。また、軌道上では太陽からの放射線が強烈で、衛星の設計寿命を大幅に縮めてしまうことも確認されました。
バンガードは、電池の消耗により電波が弱くなったため、20日後にその使命を終えました。最後に信号が確認されたのは、1964年5月です。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
1959年9月に、プロトン磁力計の他、数種類の宇宙塵測定器を搭載した、総重量が45kgのバンガード3号が打ち上げられています。
5.どのように地球を回るの?
近地点高度650km、遠地点高度4,010km、軌道傾斜角34.25度で軌道を周回しました。周回時間は約2時間14分です。