JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ベガ

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:ベガ1〜2号/Vega1〜2
小分類:彗星探査
開発機関・会社:ソ連
運用機関・会社:ソ連
打ち上げ年月日:ベガ1号(1984年12月15日)/ベガ2号(1984年12月21日)
打ち上げ国名:ソ連
打ち上げロケット:プロトンD-1-e
打ち上げ場所:バイコヌール宇宙基地(チュラタム射場)

ベガの名前は、ロシア語の「金星」(ベネラ)と「ハレー」(ガレイ)とを合わせたもので、金星ハレー彗星の両方を目的としたことから名づけられました。ベガ1号と2号は、まず金星に近づいて着陸機(ランダー)と観測気球を大気中に降ろしてから、ハレー彗星に向かいました。人類が初めて間近から観測した彗星の姿は、真っ黒なピーナツのような形で、盛んにガスと塵(ダスト)を噴き出していました。ベガ1号と2号の観測データは、ジオット探査機が最終的な接近コースを決めるのにも役立てられました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
オービタ:円筒形に2枚の太陽電池板を備え、上部には金星ランダーと気球を収容した直径2.39mの球形の大気圏降下カプセルを搭載しています。打ち上げ重量(ランダー含め)は4,920kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
ハレー彗星の接近観測。彗星核の画像撮影。赤外線・紫外線スペクトル観測。彗星周辺のプラズマ、磁場、ダスト等の観測です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
初めて彗星に接近して直接観測。ハレー彗星の核が長さ14kmで、アルベド5%以下の不定形をしていることを発見。赤外線観測による推定表面温度は300~400kです。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
ベガ1号:パーキング軌道から金星への太陽中心軌道へ。1985年6月9日に大気圏降下カプセルを分離、本体は金星から39,000kmを通過してハレー彗星観測軌道へ。1986年3月6日にハレー彗星から8,890kmまで接近しました。

5.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
ベネラ9~14号や、マルス2~3号があります。