JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ほ座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:ほ座(帆座)
学名:Vela
小分類:南半球
構成する主な星雲、星団、恒星:アル・スハイル・アル・ムーリフ(ガンマ星)/マルカブ(カッパ星)/アル・スハイル・アル・ワズン(ラムダ星)
神話の主な登場人物:アイソン/イアソン/ペリアド/セイレーン/オルフェウス
日本で観測できる時期:2月~5月の約4ヵ月間
見ごろの季節:冬(20時正中は4月中旬)

アルゴ船をかたどった巨大な「アルゴ座」の、帆にあたる星座です。りゅうこつ座同様、南天で一番天の川が濃く広く流れる場所にあります。全体には6角形をしており大きな星座ですが、形は分かりにくいでしょう。本州では真冬に、南の水平線上になんとか形が見えます。良く見るためには南の土地へ行く必要があります。

1.見つけ方のポイント
日本からは南の水平線上に星の並びがかろうじて見えます。しかし南の土地へ行くと、りゅうこつ座の東隣、南十字星の北側に、大きな6角形が見つかります。ほ座も決まった形を見つけにくい星座ですが、南天の天の川の一番美しい場所にあるので、だいたいこの辺りと、見当をつけておけば良いでしょう。

2.神話の内容について
イオルコスの王アイソンの息子イアソンは、叔父ペリアドの悪だくみで国を乗っ取られてしまいます。成長したイアソンは、国を返すよう求めますが、逆に叔父ペリアドに、黒海の奥のコルキス王国の王が持つ、金色の羊の皮を持ってくるよう要求されます。イアソンは巨船アルゴ号を建設し、50人の勇者を乗せて船出します。航海は苦難の連続で、海の魔女セイレーンの歌を聞いた船員が海に引き込まれますが、詩人オルフェウスが琴を弾いてそれを防ぎました。また黒海の入り口では、2つの大岩がぶつかり合い、通ろうとする船を砕いてしまう難所に出会いますが、最初に鳩を飛ばして岩の間を通らせ、鳩と同じタイミングで船を走らせて間一髪で通り抜けました。コルキス王国へ到着したイアソンは、無事金色の羊の毛皮を持ち帰り、叔父ペリアドを倒して王となりました。ほ座は、このアルゴ船を天に昇らせて星座にした「アルゴ座」の、帆の部分を独立させた星座です。

3.同じ時期に見える星座について
ほ座は、日本では南の地平線上すれすれにその一部が見える星座で、日本では見えにくいでしょう。もともとアルゴ座の一部でしたので、北にあるらしんばん座とも座、西のりゅうこつ座と一緒に見えます。また北には、おおいぬ座こいぬ座いっかくじゅう座がなどがあり、西には、うさぎ座はと座などがあります。さらに東にはポンプ座などが見えます。

4.主要都市での観測について
九州までの日本では、冬季に南の水平線上低くになんとか形が見える程度です。形を良く見るには、沖縄かそれより南の土地へ行く必要があります。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)