JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ベネラ

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査
名称:ベネラ1~16号/Venera1-16
小分類:金星探査
開発機関・会社:ソ連
運用機関・会社:ソ連
打ち上げ年月日:ベネラ1号:1961年2月12日/ベネラ2号:1965年11月12日/ベネラ3号:1965年11月16日/ベネラ4号:1967年6月12日/ベネラ5号:1969年1月5日/ベネラ6号:1969年1月10日/ベネラ7号:1970年8月17日/ベネラ8号:1972年3月27日/ベネラ9号:1975年6月8日/ベネラ10号:1975年6月14日/ベネラ11号:1978年9月9日/ベネラ12号:1978年9月14日/ベネラ13号:1981年10月30日/ベネラ14号:1981年11月4日/ベネラ15号:1983年6月2日/ベネラ16号:1983年6月7日
運用停止年月日:ベネラ1号・飛行中/ベネラ2号:飛行中/ベネラ3号:1966年3月1日/ベネラ4号:1967年10月18日/ベネラ5号:1969年5月16日/ベネラ6号:1969年5月17日/ベネラ7号:1970年12月15日/ベネラ8号:1972年7月22日/ベネラ9号:飛行中/ベネラ10号:飛行中/ベネラ11号:1978年12月25日/ベネラ12号:1978年12月21日/ベネラ13号:1982年3月1日/ベネラ14号:1982年3月5日/ベネラ15号:飛行中/ベネラ16号:飛行中
打ち上げ国名:ソ連
打ち上げロケット:ベネラ1~8号:ソユーズA-2-e金星9号~16号:プロトンD-1-e
打ち上げ場所:バイコヌール空軍基地(チュラタム射場)

ベネラ(ロシア語で金星)は、ソ連が金星に送った探査機のシリーズの名前です。ベネラ1号は途中で通信が途切れて失敗しました。次に打ち上げられたベネラ2号金星の近くを通過、ベネラ3号金星に命中しましたが、どちらもその前に故障して、データをまったく送ってきませんでした。ベネラ4号は、直径1m、質量383kgの球形のカプセルを金星表面に送り込むのに成功しましたが、金星の大気の温度と圧力が予想以上に高かったために、カプセルは地表に着く前に機能を失いました。ベネラ5号、6号のカプセルも同じ運命をたどり、ベネラ7号で改良されたカプセルがようやく着陸後にデータを送ってきました。金星の表面は気温475度C、気圧90気圧の焦熱地獄でした。ベネラ8号は表面のもっと詳しいデータを送ってきました。ベネラ9号からのシリーズでは、重さ約700kgの着陸機(ランダ)を金星表面に降下させて、表面の写真を撮影して送信しました。ベネラ10号、11号、12号も同じミッションで、ベネラ13号、14号では初めて地表のカラー写真を送信、金星の岩石を分析して玄武岩質であることを教えました。ベネラ15号と16号は金星の衛星軌道から、レーダで金星の地形を調べました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
ベネラ9号のオービタは、円筒形に2枚の太陽電池板を備え、上部にランダを収容した直径2.4mの球形の大気圏降下カプセルを搭載しています。打ち上げ時の重量は4,936kg(ランダ含め)、オービタのみの重量は3,376kgです。
ランダは、直径1mの球形の本体の上に円盤状のエアブレーキと円筒形のアンテナ、環状の着陸脚を備えています。重量は660kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
オービタは、金星周回軌道からの紫外線、赤外線による大気観測と磁場、放射線の観測です。
ランダーは、金星の表面の写真撮影と大気の組成分析、気温、気圧観測です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
ベネラ9号では、初めて金星表面の写真送信に成功しています。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
ベネラ9号は、パーキング軌道から金星への太陽中心軌道へ。2回の軌道修正後、10月20日に大気圏降下カプセル切り離し。カプセルは10.7km/sで大気に突入して、高度約60kmでランダ分離。ランダはパラシュートで減速して着陸しました。
オービタは減速して金星の衛星軌道に入り、観測をおこなうとともに、ランダのデータを地球に中継しました。

5.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
ベガ1号~2号、マルス2号~3号があります。