JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

金星

シェア

関連情報

金星の基本情報

太陽からの平均距離:1億820万km
・大きさ(赤道半径):6,052km
・質量(地球に対して):0.815倍
・平均密度:5.24g/cm³
・公転周期:224.7日
・自転周期:243.02日

地球にいちばん似た惑星、金星

金星は地球のすぐ内側を回る惑星で、地球に最も近づく惑星でもあります。直径は地球の0.95倍、重さは地球の0.82倍と、大きさ・重さとも、地球とよく似ています。

地球とよく似た構造

大きさや密度が地球とよく似ている金星ですが、その内部構造も地球とほぼ同じであると考えられています。地表から深さ約30kmまでケイ酸塩からなる地殻があり、その下にはケイ酸塩からなるマントルが広がっています。中心には金属の鉄・ニッケルからなる核があります。

厚い雲に覆われている金星

金星には非常に厚い大気があり、そのほとんどが二酸化炭素です。そのため二酸化炭素の強い温室効果がはたらき、金星の表面の温度は昼も夜も摂氏470度と、太陽により近い水星よりも高くなっています。大気中には硫酸の粒でできた雲が何kmもの厚さで広がっており、その雲にさえぎられて太陽からの光が直接地表に届くことはありません。雲からは硫酸の雨も降りますが、地表があまりにも高温なため、地表に達する前に蒸発してしまいます。金星の大気の上層では、秒速100mもの風が吹いていて、金星をたったの100時間弱で1周してしまいます。この強風を「スーパーローテーション」と呼びますが、自転周期が非常に遅いのにもかかわらず、なぜこのような強風が吹いているのかは明らかになっていません

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した金星(c) NASA/JPL
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した金星(c) NASA/JPL

火山地形が多くを占める金星の表面

金星の表面は火山によって作られた地形が多いことが、NASA金星探査機「マゼラン」によるレーダー観測などで明らかになっています。小さな火山が集まったなだらかな台地や、粘り気の高い溶岩の噴出によって作られたパンケーキ状の地形などがあります。隕石によるクレーターも見られますが、直径3km以下のものはありません。小さな隕石は、厚い金星の大気にはばまれて、金星の表面にまで届かないためだと考えられています。また、約5億年前以前にできたと考えられるクレーターが見当たらないことから、クレーターが埋められてしまうような大規模な火山活動が約5億年前に起きたとみられています。溶岩に覆われた地形が多いせいで、金星は地球火星に比べると平坦な惑星です。

探査機「マゼラン」が明らかにした金星表面の様子(c) NASA/JPL
探査機「マゼラン」が明らかにした金星表面の様子(c) NASA/JPL

プリュームテクトニクス

地球の表面は海嶺から発生し、海溝で沈み込む海洋プレートと、沈むことなく表面に浮かぶ大陸プレートからなり、海洋プレートの浮沈によって地球の内部と外部で熱が輸送されています(プレートテクトニクス)。しかし、金星にはプレートはなく、鍋で沸騰するような巨大なプリュームの流れで熱輸送が行われています(プリュームテクトニクス)。コロナと呼ばれる直径数百kmの円形の構造が多数みつかっており、プリュームに関係した構造であると考えられています。

謎の自転方向

金星は公転周期が約225日、自転周期が約243日と、自転周期のほうが長くなっています。また、自転の方向が他の7つの惑星とは反対向きで、金星では太陽は西から昇り東に沈みます(厚い雲のせいで中からは見ることはできませんが)。なぜ金星だけこのような向きで自転しているのかは明らかになっていません。

満ち欠けを起こす金星

金星は、地球からは太陽の近くに見えるので、夕方か明けの空にあります。夜中に見えることはありません。いちばん明るいときはマイナス4等級にもなり、「宵の明星」、「明けの明星」と呼ばれます。月のように満ち欠けを起こす金星は、地球のすぐ内側を回っているため、遠いときと近いときで地球からの距離が大きくちがい、そのため大きさや形が変化して見えるのです。

日本の金星探査計画「PLANET-C

2010年、日本初の金星探査機となる「PLANET-C」が打ち上げられる予定で、現在開発が進められています。「PLANET-C」では、金星全体の気象現象や地表面を広い範囲で調べたり、金星から宇宙空間へと逃げ出す大気の観測や雲のクローズアップ撮影を行ったりします。また、雲の下の大気や地表の様子までを赤外線によって観測し、金星表面に吹き荒れる暴風「スーパーローテーション」の謎を解明することが期待されています。

金星探査機「PLANET-C」(c) JAXA、池下章裕
金星探査機「PLANET-C」(c) JAXA、池下章裕