JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ビーナス・エクスプレス

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:ビーナス・エクスプレス(Venus Express)
小分類:金星探査
開発機関・会社:ヨーロッパ宇宙機関(ESA)
運用機関・会社:ヨーロッパ宇宙機関(ESA)
打ち上げ年月日:2005年10月26日予定
運用停止年月日:2007年8月予定
打ち上げ国名:ロシア
打ち上げロケット:fregat搭載型ソユーズロケット
打ち上げ場所:バイコヌール宇宙基地

「ビーナス・エクスプレス」は2005年11月に打ち上げられる予定の金星探査機です。ヨーロッパ宇宙機関(ESA)は、地球に一番近い惑星、金星の大気運動、地殻運動など地表下を探査する目的でビーナス・エクスプレスを設計しました。ビーナス・エクスプレスは2005年11月に打ち上げられ、地球の暦で158日間かけて金星にたどりついて観測態勢に入ります。その後、486日間の調査活動を行なう予定です。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
ビーナス・エクスプレスは、直方体の本体に、太陽電池パネルが左右に取り付けられ、さらにさまざまな観測機器を装備した形です。重量は、1,270kgです。私たちの地球に一番近い惑星、金星の大気運動、地殻運動など地表下を探査するための機器をそなえています。

2.どんな目的に使用されるの?
ビーナス・エクスプレスESA(ヨーロッパ宇宙機関)の探査機です。いまだ謎に包まれている、私たちの地球に一番近い惑星であり、太陽系で最も密度と温度の高い大気を持つ惑星のひとつである、金星の大気運動、地殻運動などを探査することが目的です。このミッションは2002年3月に提案が通り、成立したものです。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
ビーナス・エクスプレス探査機は、バイコヌール宇宙基地から、fregat搭載型ソユーズロケットで2005年10月打ち上げ予定です。いまだ謎に包まれている、私たちの地球に一番近い惑星であり、太陽系で最も密度と温度の高い大気を持つ惑星のひとつである、金星の大気運動、地殻運動などを、486日間にわたり探査します。現在、打ち上げに向けてESA(ヨーロッパ宇宙機関)で発射の態勢が整えられています。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
ビーナス・エクスプレス探査機は、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)によって、バイコヌール宇宙基地からfregat搭載型ソユーズロケットで2005年10月26日に打ち上げられ、158日間かけて金星に到達します。観測態勢に入った後の486日間、金星の大気運動、地殻運動などの調査活動を行なう予定です。

5.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
ありません。ESA(ヨーロッパ宇宙機関)としては、初の金星探査機となります。