JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

金星探査

シェア

関連情報

金星は、大きさ、重さとも地球によく似た惑星

金星は、地球のすぐ内側を回り、地球の距離の約100倍まで、地球にもっとも近づく惑星です。赤道直径は地球の0.95倍の12,104km、重さは地球の0.81倍と、大きさ・重さとも、地球とよく似ています。金星は、地球や他の惑星とは逆に自転し、その周期は243日です。太陽のまわりを1周する公転周期が225日なので、自転のほうが長くかかることがわかります。

探査機マゼランが撮影した金星
探査機マゼランが撮影した金星

「明け・宵の明星」は二酸化炭素におおわれた「灼熱地獄」だった

1960年代に入ってはじめられた金星探査も、はじめは失敗を重ねました。しかし、アメリカのマリナー2号は1962年12月、はじめて金星から35,000kmを通過し、金星には磁場(じば)も放射帯(ほうしゃたい)もないことを確認しました。1967年には旧ソ連のベネラ4号が放出したカプセルが金星大気に突入し、金星大気がほとんど二酸化炭素でできていることを観測しました。高度100kmより下には濃硫酸と思われる厚い雲の層があり、温度は500℃近くに達することもわかりました。1970年、金星への軟着陸に成功したベネラ7号は、表面温度475℃、気圧90度というデータを地球に送ってきました。

金星の表面は高温・高圧だが、意外と明るい世界

1973年11月に打ち上げられたマリナー10号は、紫外線カメラによる金星の雲画像の撮影に成功しました。周期が225日という金星のゆったりとした自転から、昼夜の温度差が大きいだろうと推測され、高速の風が予想されていましたが、やはりこの雲の画像から秒速200m以上の風が吹いていることが裏づけられました。また、1975年6月に打ち上げられ、金星に軟着陸したベネラ9号と10号ははじめて金星の表面の写真を地球に送り届けました。それによると、大きな岩ばかりの表面は、地獄のような高温・高圧の世界とはいえ、意外と明るい世界でした。

ベネラ13号が送信してきた金星の地表。手前にベネラ13号本体の一部が写っています。
ベネラ13号が送信してきた金星の地表。手前にベネラ13号本体の一部が写っています。

1978年は当たり年。2機のパイオニア・ビーナスベネラ11・12号が金星

1978年は金星探査の当たり年でした。まず、5月と8月の2機のパイオニア・ビーナス(アメリカ)に続いて、旧ソ連がベネラ11号と12号を打ち上げました。この2機のベネラには新たに雷探知機が搭載され、金星大気中での大雷鳴を毎秒数十回も観測しました。2機のパイオニア・ビーナスのうち2号は、金星到達の3週間前に金星プローブ(突入探査機)を投下し、金星大気が二酸化炭素97%、窒素(ちっそ)1~3%、水蒸気0.1~0.4%をふくむこと、また、1万m以上の山や巨大な谷があることも明らかにしました。1号は金星を周回する軌道に入り、有名な「パイオニア・ビーナス・オービタ」としてレーダーを使って金星表面の地図を作成しています。

新技術を投入した探査計画で金星の実態がしだいに明らかになる

1989年5月、スペースシャトルから打ち上げられたアメリカの探査機「マゼラン」は、「合成開口レーダー」という新しい技術を駆使して、金星表面の地図を高い分解能で作成しました。

探査機「マゼラン」が明らかにした金星表面の様子(画像提供:NASA/JPL)
探査機「マゼラン」が明らかにした金星表面の様子(画像提供:NASA/JPL)

2005年11月に打ち上げられた欧州の探査機ビーナスエクスプレスは2006年4月に金星周回軌道に入り、金星の大気を観測しています。

ビーナスエクスプレスがとらえた金星の酸素大気光(画像提供:ESA/VIRTIS/INAF-IASF/Obs)
ビーナスエクスプレスがとらえた金星の酸素大気光(画像提供:ESA/VIRTIS/INAF-IASF/Obs)

2010年5月に打ち上げられたJAXA金星探査機「あかつき」は、初の「地球以外の惑星を周回する気象衛星」として同年12月に観測を開始する予定でしたが、軌道投入に失敗しました。2015年12月7日、姿勢制御用エンジンの噴射による金星周回軌道への投入に成功し、2016年4月から定常観測を続けています。

2016/10/25更新