JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

バイキング1号

シェア

関連情報

分類:人工衛星
名称:バイキング1号、バイキング2号(VIKING1、VIKING2)
小分類:火星探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:バイキング1号:1975年8月20日/バイキング2号:1975年9月9日
運用停止年月日:バイキング1号オービタ:1980年8月7日、ランダー:1982年11月13日/バイキング2号オービタ:1978年7月25日、ランダ:1980年4月12日
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケットタイタンIIIEセントール
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地

バイキング1号は、アメリカの建国200周年記念日に当たる1976年7月4日に火星表面に着陸するよう打ち上げられました。その後、予定通りに1976年6月29日に火星周回軌道に入りましたが、着陸地点の選定に手間取ったので、ランダ(着陸機)の着陸は実際には7月20日になりました。ランダには、火星の表面に生命の痕跡がないか調べる3種類の実験が積まれていて、マジックハンドで土壌を採取して分析しましたが、生命は発見できませんでした。また、ランダにはふたつのテレビカメラが積まれ、周囲の地形を撮影し、大気の温度や気圧を毎日計測しました。この間、バイキング1号のオービタ(軌道機)も、火星の上空を巡りながら地形の詳しい画像を送り続けました。バイキング1号のランダは、1982年11月まで6年半近くにわたって活動を続けました。
バイキング2号は1976年8月7日に火星に到着し、ランダは9月3日に着陸しました。バイキング2号のランダとオービタの活動は1号と同じで、2号のランダは1980年4月までデータを送信してきました。2機のランダーの送信してきた火星表面の画像は合計4,500枚以上、2機のオービタの画像は2万枚以上にもなりました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
オービタ:八角柱の本体に4枚の太陽電池板の付いた形をしていました。打ち上げ重量は2,328kg。TVカメラ、赤外マッパーを装備。熱遮蔽板(エアロシェル)に収容してランダーを搭載しました。
ランダー:三角形の本体に3本の着陸脚を備えていました。ステレオTVカメラ、マニピュレーター、ガスクロマトグラフ質量分析計を装備。打ち上げ重量は663kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
オービタ:火星の地形の詳細な画像撮影。気象と気候の長期的観測。
ランダ:火星の土壌分析、生命活動の分析。火星の気象と気候の長期的観測です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
火星表面に生命活動の痕跡の存在しないことを確認しました。また、火星の年周期の気候を観測し、土壌は珪素15~30%、アルミニウム2~7%、カルシウム3~8%を含んでいるということを分析しています。1982年には運用を終了しています。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
1号は、パーキング軌道から火星への太陽中心軌道へ。途中3回の軌道修正をおこない、1976年6月19日に減速して火星周回軌道へ。6月22日にランダの着陸地点選定のための画像撮影を開始し、ランダを7月20日オービタと分離しました。ランダは火星の大気圏に突入してパラシュートで減速後、レトロロケットを噴射しながら着陸しました。着陸地点はクリュセ平原の西、北緯22.483度西経47.94度でした。7月22日に最初の土壌標本を採取しました。