JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

おとめ座

シェア

関連情報

青白い明るい星「スピカ」からYの字型に並ぶ星の連なり

北斗七星からのカーブ(春の大曲線)をさらにのばしたところの青白い星「スピカ」と、そこから連なるYの字型が女神の姿を形づくっています。しし座の東どなりにあり、全天で2番目に大きい星座ですが、星と星の間隔が大きく、1等星のスピカ以外の星は明るくないので、目立ちません。スピカまでの距離は350光年、その表面温度は2万℃ほどなので青白く見えます。スピカはラテン語で、穀物の穂という意味で、女神が手にもつ麦の穂先に輝いています。この星座が日没後に現れる頃、種まきの時期が近いことから、農業とはなじみの深い星座です。

人間を信じた正義の女神アストレア

ゼウスを父に、巨人のタイタン族の女神テミスを母にもったアストレアという女神がいました。気候は温暖で、人間は争うこともなく地上が平和な楽園だった「金の時代」には、神々は人間とともに地上で暮らしていました。やがて、「銀の時代」さらに「銅の時代」になり、人間たちは武器をつくって争うようになりました。神々は人間にあいそをつかし、天上にいってしまいましたが、アストレアだけはそのままとどまり、熱心に正義の道を説いていました。その後「鉄の時代」に入って、人間は集団で武器を使って争うようになり、さらには国と国との戦争を始めるようになりました。さすがのアストレアも耐え切れず、天上に上がって星座になったといいます。