JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ボイジャー1号

シェア

関連情報

分類:惑星探査

名称:ボイジャー1号、ボイジャー2号
小分類:木星土星天王星・海王星冥王星探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:ボイジャー2号:1977年8月20日/ボイジャー1号:1977年9月5日
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケット:タイタンIIIEセントール
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地

ボイジャー(航海者)1号と2号は、パイオニア10号〜11号の切り開いた道をさらに奥まで進み、木星から外側にある惑星の鮮明な姿を人類に見せてくれました。ボイジャー1号は、2号の2週間後に打ち上げられましたが、途中で2号を追い越して、一足先の1979年3月に木星に到着しました。木星の衛星イオの画像には、硫黄を噴き上げる火山も写っていました。ボイジャー1号は木星の重力を利用して速度を変え、1980年11月には土星に接近しました。ボイジャー2号も 1979年7月に木星に接近した後、1981年8月に土星、1986年 1月に天王星、1989 年8月に海王星と、太陽系の外側の惑星を執に訪問しました。2004年12月、ボイジャー1号は太陽から約140億kmの距離、太陽風が恒星間ガスの影響を受け始める太陽圏境界域に到達しました。打ち上げから35年以上を迎えた2013年現在、ボイジャー1号は太陽から約185億km、ボイジャー2号は約151億kmの距離に達しています。ボイジャー1号のデータから、現在太陽系の最果てに到達しており、もうすぐ人工物として初めて恒星間空間に達すると考えられています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
高さ0.47mのドーナツ形の本体に、直径3.66mの高利得アンテナを固定しています。ブームの先には広角・望遠TVカメラ、赤外放射スペクトル計、プラズマ探知器等を載せたスキャン・プラットフォーム。もう1本のブームの先端には3基の放射性同位元素熱発電装置(RTG)を載せています。打ち上げ重量は825kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
木星以遠の外惑星および衛星の観測。外惑星間空間の観測。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
木星土星天王星海王星およびそれらの衛星の近接観測。木星の輪と微小衛星、衛星イオの火山などを発見。現在は太陽系外への慣性飛行中です。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
パーキング軌道からTE-364-4点火で木星への軌道へ。ボイジャー1号は、1979年3月5日に木星に28万 kmまで接近、重力アシストで増速後、1980年11月12日に土星に12万 4,000kmまで接近。2004年12月、太陽から約140億kmの太陽圏境界域に到達。2007年に太陽から約155億km(人工物として最も遠い距離)に到達し、さらに遠方へ飛行中。ボイジャー2号は、 1979年7月9日に木星まで64万 5,000kmに接近、1981年8月26日に土星まで10万 1,000kmに接近、1986年1月24日に天王星まで7万 1,000kmに接近、1989年8月25日に海王星まで 5,000kmまで接近。2007年に太陽から約125億kmに到達し、さらに遠方へ飛行中です。