JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

こぎつね座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:こぎつね座(小狐座)
学名:Vulpecula
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M27(NGC6853、あれい星雲=惑星状星雲)
神話の主な登場人物:-
日本で観測できる時期:6月~12月の約7ヵ月間
見ごろの季節:夏(20時正中は9月中旬)

はくちょう座のすぐ南にある星座で、がちょうをくわえた狐を表しているとされます。17世紀に作られた星座で、ポーランドの天文学者ヘヴェリウスによって命名されました。しかし、星座をつくる星々が暗く、分かりにくい形をしているので、見分けるのは難しいでしょう。しかし、望遠鏡で見ると、鉄あれいの形をしたきれいな惑星状星雲「あれい星雲」を見ることができます。すばらしい見物なので、一度は見てみたい星雲です。

1.見つけ方のポイント
夏の夜の天頂に輝く、はくちょう座のすぐ南にある星座です。はくちょう座のくちばしの先端にある、アルビレオ(ベータ星)のすぐ南から、はくちょうの右の翼のそばまで、3つの星が間隔をおいて並んでいるのが、こぎつね座です。暗く目立つ星もないので、見つけるのは難しいでしょう。

2.神話の内容について
がちょうをくわえた狐とされていますが、神話や伝説には関係ありません。17世紀のポーランドの学者、ヨハンネス・ヘヴェリウスによって命名されたものです。

3.同じ時期に見える星座について
はくちょう座の1等星デネブわし座アルタイルこと座のべガがつくる「夏の大三角」の中にある星座です。夏には天頂近くに上るので、夏の代表的な星座とともに見ることができます。北には、はくちょう座こと座ヘルクレス座、南にはわし座や座いるか座、東にはペガスス座などがあります。

4.主要都市での観測について
夏の夜に昇ってくる星座で、日本全国で星座の全体が地平線の上に姿を現します。しかし暗い星が多いので形を探すのは難しいかもしれません。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)