JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ワロップス射場

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関

名称:ワロップス射場/Wallops Flight Facility (WFF)
小分類:打ち上げ射場
国名:アメリカ
所在地:バージニア州ワロップス島
設立年月日:1974年4月25日

NASAの前身であるNACA(航空諮問委員会)がミサイル開発競争の一環として、1945年7月にバージニア州東部、大西洋に面したワロップス島に観測ロケット打ち上げ施設を建設したのが始まりです。打ち上げ試験はこの年夏から始まり、その後は観測ロケットや観測気球スペースバルーンの打ち上げのほか、パルスロケットやラムジェットなど新技術の開発試験にも使用されました。1974年にはNASAゴダード宇宙飛行センター管轄下のワロップス射場(WFF)となり、滑走路を人為的に水浸しにできる研究用飛行場では航空機の離着陸試験なども実施されています。この射場のもうひとつの重要な役割は、オービタル・サイエンス社がロッキード・トライスター旅客機の改造型を使って打ち上げているペガサスXL有翼ロケットのホームベースになっていることです。ワロップス飛行場からのペガサスXLの打ち上げは、1996年11月4日以来、5回行なっています。

1.どのような組織になっているの?
ワロップス射場(WFF)はNASAゴダード宇宙飛行センター管轄下の組織で、打ち上げ施設のほか研究用飛行場、ワロップス軌道追跡ステーション(WOTS)、ワロップス統合管制センター(WICC)などがあります。

2.地図上ではどの辺にあるの?
バージニア東部、大西洋とチェサピーク湾に挟まれた半島部北東岸のワロップス島に打ち上げ射場や研究飛行場など主要施設があります。また半島にもレーダー施設や指揮通信施設など関連施設があります。打ち上げ射場は民間用1ヵ所を含め6ヵ所で、打ち上げ角は38~60度、中部大西洋試験空域へ向けて打ち上げられます。

3.これまでに打ち上げたロケット人工衛星は?
ロケットは、ディーコン、ナイキ・ディーコン、カジュン、ナイキ・カジュン、テラピン、アーゴ、テリア、ナイキ・アスプ、ジャベリン、エアロビー、スパロービー、アイリス、トレイルブレイザー、ブラックブラント、スカウトX、RAM-B、RM-10などの観測ロケットがあります。
人工衛星は、エクスプローラー、リエントリー、サンマルコ、RAM、RFD、オーブコムなどがあります。