JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

西昌宇宙センター

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関
名称:西昌宇宙センター(Xichang Satellite Launch Center)
小分類:打ち上げ射場
国名:中国
所在地:四川省西昌県
設立年月日:1980年代初頭

中国で衛星打ち上げを実施してる宇宙センターは甘粛省の酒泉(チウチュワン)、四川省の西昌(シーチャン)、山西省の太原(タイユワン)の3カ所ありますが、このうち静止軌道への打ち上げは西昌宇宙センターからのみおこなわれています。西昌は酒泉や太原より低緯度、静止軌道への打ち上げに適した北緯28度に位置しています。最初の打ち上げは1984年1月29日、長征3型(CZ-3)打ち上げランチャーにより同歩(STTW)軍事通信衛星を静止軌道に打ち上げました。西昌からの打ち上げはこの後、1996年2月14日に長征3B型(CZ-3B)が打ち上げ時に大爆発事故を起こすまで21回におよび、長征3/3A型(CZ-3/3A)が同歩および東方紅(DFH)通信衛星、長征2E(CZ-2E)がオーサットやオプタスなど海外の通信衛星を打ち上げました。西昌での打ち上げは1996年7月3日に再開、長征3B型の打ち上げは1997年8月20日に成功しました。

1.どのような組織になっているの?
中国の弾道ミサイル実験場であった酒泉(チウチュワン)で長征1(CZ-1)による初の衛星打ち上げをおこなったのは1970年のことで、1980年代に入って第2の宇宙センターが西昌に建設されました。1988年には第3の宇宙センター太源が稼働を始めましたが、3つのセンターとも中国国家航天局 (CNSA)ではなく国務院中央軍事委員会の国防科学技術工業委員会中国衛星打ち上げ管制局が管轄しています。

2.地図上ではどの辺にあるの?
西昌県は四川省南西部、大雪山脈の山麓部、金沙江の支流安寧河の右岸に位置しています。打ち上げセンターは北緯28度3分、東経102度0分と、西昌市の北西、標高約1,800mという高地にあります。

3.これまでに打ち上げたロケット人工衛星は?
ロケットは、長征2E型(CZ-2E)、長征3型(CZ-3)、長征3A型(CZ-3A)、長征3B型(CZ-3B)があります。
人工衛星は、同歩(STTW)通信衛星、東方紅(DFH)通信衛星、実践(SJ)科学観測衛星、風雲(FY)気象衛星、オプタス通信衛星、オーサット通信衛星、APスター通信衛星、アジアサット通信衛星、エコースター通信衛星、シノサット通信衛星などがあります。