JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ザリャー

シェア

関連情報

国際宇宙ステーション建設の口火を切ったロシアのモジュール

1993年末にはじまったロシアのミール宇宙ステーションとアメリカのスペースシャトルとのドッキング計画を経て、1998年11月、国際宇宙ステーションの最初の構成要素である機能カーゴブロック(愛称「ザリャー」=ロシア語で「日の出」)が3段式のプロトンロケットの上部に搭載(とうさい)され、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。

ザリャーは打ち上げから9分48秒後に計画どおりの軌道にのり、14分11秒後には本体の左右に伸びる太陽電池パネルが正常に開いたことが確認されました。

国際宇宙ステーションの軌道高度維持と姿勢制御機能を担う「ザリャー」

ザリャーの本体は、長さ13m、直径3~4mの円筒形、総重量は約20tあり、物資の保管場所、外部燃料タンクは宇宙ステーションの運用停止まで使用されることになっています。

また、ザリャーは宇宙ステーションの軌道高度維持と姿勢の制御機能をもっており、ステーション建設の初期段階で、あとから打ち上げられてザリャーに接続されるモジュールへの電力・燃料の供給、あるいは地上との通信を行うという重要な役目を担っています。

宇宙空間に浮かぶザリャー(スペースシャトル・エンデバーからの撮影)
宇宙空間に浮かぶザリャー(スペースシャトル・エンデバーからの撮影)