JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ゼニート

シェア

関連情報

分類:ロケット
名称:ゼニート(Zenit)
打ち上げ国名・機関:ソ連/ロシア宇宙庁(RKA)(現在のロシア航空宇宙局[Rosaviakosmos])
開発機関・会社:ユジノイェ設計局
運用機関・会社:ロシア宇宙庁(RKA)(現在のロシア航空宇宙局[Rosaviakosmos])
打ち上げ場所:バイコヌール宇宙基地(チュラタム射場)
運用開始年:1985年

ゼニート(ロシア語で「天頂」)は、旧ソ連が十数年ぶりに実用化した新しい衛星打ち上げ機で、旧ソ連には珍しくミサイルを母体とせずに、最初から衛星打ち上げ用に開発されています。ゼニートの開発は、エネルギア計画と並行して行なわれ、エネルギアのブースタを独立させたものということもできます。1985年にデビューし、初めはもっぱら軍事衛星の打ち上げに用いられていましたが、1990年代に入ってからは西側諸国に対して商業ベースの打ち上げが宣伝されています。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
ゼニートは全液体推進剤の2段式ロケットで、液体酸素とケロシンを推進剤としています。全長57m、直径3.9mで、打ち上げ重量は449トン、初段推力は834トンになります。第1段のRD-171エンジンは四つの燃焼室を持ち、単一のエンジンとしてみれば世界でもっとも強力です。静止遷移軌道に4.5~5.9トンを送り込む能力があります。3段式のゼニート3も開発されています。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ゼニートは水平で組み立てられた後、垂直に立てられ発射されます。第1段は150秒、第2段は315秒燃焼します。

3.どんなものを打ち上げたの?
コスモス衛星を打ち上げました。

4.どのくらい成功しているの?
1985年から1997年までに28回打ち上げられて、5回失敗しているので、成功率は82%になります。