JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ズヴェズダ

シェア

関連情報

ロシアから最初の「居住棟」打ち上げ

2000年7月12日(日本時間)、国際宇宙ステーションとしては最初の居住棟となるサービスモジュール「ズヴェズダ」が、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地からプロトンロケットによって打ち上げられました。ロシア語で星を意味する「ズヴェズダ」は、発射10分後には地球の周回軌道に達し、その後自力で徐々に高度を上げて2週間後の7月26日(日本時間)に、高度400kmを周回する宇宙ステーションザリャーとドッキングしました。

国際宇宙ステーションの居住棟「ズヴェズダ」を搭載して、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられたプロトンロケット
国際宇宙ステーションの居住棟「ズヴェズダ」を搭載して、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられたプロトンロケット

生活拠点の完成で宇宙ステーション建設が軌道に

ズヴェズダは全長約13m重量約19tで、ロシアの宇宙ステーション「ミール」の本体モジュールとよく似た構造になっています。外部には約30mの太陽電池パネルがあり、船体には外部観察用の窓が14と輸送船を受け入れるドッキング装置が4か所あります。また宇宙ステーションに必要な基本的な機能はすべて備えていて、電力供給、姿勢制御、通信などの設備があるほか、室内には宇宙飛行士の個室やトイレ、冷凍冷蔵庫、調理用設備、食事用テーブルなどが設置されており、ここが居住スペースとして使用されています。

国際宇宙ステーション第3の構成要素「ズヴェズダ」(左端)のドッキング
国際宇宙ステーション第3の構成要素「ズヴェズダ」(左端)のドッキング