JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アイス

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:アイス(ICE)
小分類:彗星・小惑星探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1978年8月12日
運用停止年月日:1997年5月5日
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケット:デルタ2914
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地

ICE(アイス)は、元々は国際太陽地球エクスプローラー(探求者の意味)3号、略称ISEE-3として打ち上げられました。ISEE-3は、太陽地球の引力が釣り合うラグランジュ点(L1)を巡る軌道上で、太陽からのプラズマや放射線を観測しました。1981年になってNASAは、ISEE-3の残りのロケット推進剤を使って軌道を変えれば、ジャコビニ・ジンナー彗星に接近させることができることに気づきました。こうして、ISEE-3はICE(国際彗星エクスプローラー)と名を変え、地球と月の間を何度も巡りながら速度を調節して、1983年12月に、ジャコビニ・ジンナー彗星に向かって飛び出して行きました。2年近くの飛行の後、彗星に約8,000kmまで近づいたICEは、彗星の近くで太陽風が流れを変える様子や、彗星から延びる尾を観測しました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
幅1.7m、高さ1.6mの16角柱。側面から長さ49mのアンテナ4本と3mのブームを展張します。打ち上げ時の重量は478kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
地球と月の中間のラグランジュ点(L1)を巡る秤動軌道において太陽風太陽電波を観測。後にジャコビニ・ジンナー彗星の尾を観測しました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
彗星の尾を直接観測、水と一酸化炭素イオンを確認、プラズマ密度の増加を観測しており、現在も運用を続けています。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
1978年11月20日L1を巡る秤動軌道に到着、1982年6月10日、彗星に向かうための軌道修正を開始しました。1983年に4回の月フライバイにより地球の影響圏を脱出、1985年9月11日ジャコビニ・ジンナー彗星に7,862kmまで接近しました。

アイス飛行シーケンス
アイス飛行シーケンス